林檎とレールのあいだ

Apple製品や鉄道旅行について書いたり書かなかったり

ひたちなか海浜鉄道に乗ってきた。

いやー、連休明けはリズムが狂いますな。

 

さて、昨日は「ひたち海浜公園」に行ってきたわけですが、同時にもう一つ目的があったのです。

 

 

それは、「ひたちなか海浜鉄道」に乗ることです。

いつか乗ろうと思いながらなかなか乗れずにいたあのディーゼル車にとうとう乗ることができました。

この時期は、海浜公園に行く人が多いので普段より多い3両編成での運行です。

これは最後尾のキハ205。

f:id:iganao:20150506091751j:plain

 

続いてキハ2004。

f:id:iganao:20150506091823j:plain

 

先頭はキハ3710でした。

f:id:iganao:20150506125055j:plain

 

キハ2004の車内は懐かしい直角のクロスシート

f:id:iganao:20150506091927j:plain

 

床は、木製ですよ。

f:id:iganao:20150506091918j:plain

 

塗装もだいぶ色あせて趣きありますね。

f:id:iganao:20150506121715j:plain

 

那珂湊駅では、キハ222とキハ2005が留置されていました。この青いキハ222は、先頭の丸窓が特徴です。

f:id:iganao:20150506121807j:plain

 

キハ2005は、3本線のデザインが特徴です。

f:id:iganao:20150506122218j:plain

 

車庫にはミキ300。ミキは三木鉄道のミキです。

f:id:iganao:20150506121938j:plain

 

那珂湊駅に入線してくる3両編成。

f:id:iganao:20150506125039j:plain

 

別に昔に乗っていたわけでもないのに感じてしまうこの懐かしさは何なんでしょうね。

乗車時間、片道約30分の短い旅ですが心地よいひとときでした。