読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林檎とレールのあいだ

Apple製品や鉄道旅行について書いたり書かなかったり

Apple Store銀座のオープニングにも行った

おとといはApple Store表参道のオープニングに無事参加できたわけですが、それによって思い出したのが日本初のApple Store銀座のオープニングです。

 

あれはたしか2003年の11月30日、あいにくの雨の中、それはそれは長い行列ができていたのでした。

今日は、その時の写真をむやみやたらに貼り付けていきたいと思います。

 

あの日、僕はなぜか余裕ぶっこいて開店1時間前ぐらいに銀座駅に着いたのでした。

f:id:iganao:20140615214148j:plain

 

しかし着いてすぐ、甘い自分に気づくわけですが時すでに遅し。雨だというのに行列は遙か彼方の地平まで続き最後尾など見えるはずもなく、改めて地球は丸いんだということを認識しました。

f:id:iganao:20140615214352j:plain

 

気を取り直して並ぼうとするわけですが、最後尾まで歩くこと歩くこと。しかも列が途中で大きく迂回していたりするので、道路の反対側に逆向きに列が連なったりしながら、最終的には東京駅に到達するほどだったと聞きました。してないとは思うけど。

f:id:iganao:20140615215028j:plain

 

開店時間の10時を過ぎると少しづつ進んで行き、銀座の大通り沿いに並べた頃には雨も上がっていました。歩道は行列の人だけで一杯。近所迷惑も甚だしかったと思います。

f:id:iganao:20140615215449j:plain

 

いよいよお店に近づいてきたころ、スタッフから応募券を手渡されました。実はよく覚えていないのですが、アップル製品が当たる抽選会があった気がします。

f:id:iganao:20140615215932j:plain

 

初めてのApple Storeとあって、今では見慣れたこういった外観もその時は実に新鮮に感じたものでした。

f:id:iganao:20140615214519j:plain

 

店先には、有名人からの花が数多く飾られていました。

f:id:iganao:20140615215959j:plain

 

そして、いよいよ次のターンで入店です。約4時間並びました。

f:id:iganao:20140615220049j:plain

 

入るとそこはやはりAppleらしく外人さんが多かった。

f:id:iganao:20140615220142j:plain

 

シアターでは早速セミナーが行われていて、まあ一応知っていることばかりだけど聴講。

f:id:iganao:20140615220223j:plain

 

パッケージソフトの棚にはApple Worksの箱が。

f:id:iganao:20140615220354j:plain

 

この時は大福Macの時代だったんですねぇ、懐かしいです。

f:id:iganao:20140615220450j:plain

 

そして、eMacも、懐かしい。。

f:id:iganao:20140615220413j:plain

 

今ではおなじみのGENIUS BARもこの時初めてお目見え。

f:id:iganao:20140615220640j:plain

 

レジもiMacでした。

f:id:iganao:20140615220757j:plain

 

そして、この時もTシャツをもらって帰ってきました。

f:id:iganao:20140615220935j:plain

 

開けると、中は真っ赤な箱に黒いシャツが。

f:id:iganao:20140615221009j:plain

 

シンプルですが、結構お気に入りで今でも普段着ています。 宝です。

f:id:iganao:20140615222401j:plain

 

主要都市にはだいたい出店されているし、東京も3店舗できて、次はどこが候補になるんでしょうかねぇ。それとも打ち止めか?あるとしたら横浜か神戸あたりでしょうか。

国内の店舗は、どこも同じような基調のデザインでまとめられていて割と地味な方ですね。海外の店舗はもっと大胆で洒落たデザインがよく見られるので、もし日本でまた新しい店舗ができるのであれば、もうちょっと奇抜なデザインになってくれないかなぁと思っています。