読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林檎とレールのあいだ

Apple製品や鉄道旅行について書いたり書かなかったり

iPhoneとiOSの不満なところ

毎日使っているiPhoneそしてiOSですが、不満が全くないわけではないです。
 
その数少ない不満を今日は紹介したいと思います。
 
Apple製品が優れてる点としてまず挙げられるのが、説明書を読まなくても実際に製品にさわってしまえば、なんの迷いもなく使えてしまうというところだと思います。
 
実際、ほとんどの製品や機能については、迷うことなく使えるものに仕上がっていると思います。
 
しかし、これはちょっと前から思っていたのですが、iOS7のフラットデザインになってから一箇所だけどうしても腑に落ちないところがあるのです。Appleとしてこれは許されるのだろうか?と不思議で仕方ないのです。
 
それはキーボードにあります。
 
iPhoneQWERTYキーボードで英文字を入力するとき、まずShiftキーをタップして仮想的にShiftキーを押した状態にしますよね。
そのShiftキーを押した状態を表すキーの絵柄が、正直いまだに迷ってしまい、わけが分からなくなるのです。
 
というのも、この2つのキーボードの状態を、ぱっと見た時、Shiftキーが押されているのか、いないのか、みなさんは迷うことなくすぐに分かりますか? 

f:id:iganao:20141020223533p:plain

f:id:iganao:20141020223553p:plain

これ、上のキーボードはShiftキーを押した状態
そして下のキーボードはShiftキーを押していない状態です。
 
これ、僕の感覚とはなのです。
 
まず、普通の状態のキーは白地に黒の文字という認識があります。

f:id:iganao:20141020224634p:plain

 
だとするなら、
白地に黒の矢印のキーが普通の状態で、

f:id:iganao:20141020224701p:plain

 
灰色地に白抜き矢印普通ではない
つまり押された状態ではないのでしょうか?

f:id:iganao:20141020224721p:plain

 
でも、実際はこの考えとは逆なのです。
 
これ、iOS6まではこうでした。

f:id:iganao:20141020224235p:plain

↑これが押された状態

 

f:id:iganao:20141020224244p:plain

↑これが押されていない状態

 

これは、分かりやすいのです。

矢印が光っているように見えていて普通ではない、つまり押された状態だと自然に思えるのです。

f:id:iganao:20141020225201p:plain

 
ちなみにShiftキーをダブルタップして押した状態をキープしているときの絵柄は

f:id:iganao:20141020230106p:plain

iOS7以降だと↑こうで

 

f:id:iganao:20141020230125p:plain

iOS6までは↑こうでした。

 

iOS6までは一目瞭然ですね。

 

自分の感覚と違うからこれは間違いだ!とは言いませんが、なんかしっくりきません。

これまで様々なApple製品を触ってきた中でも一番と言っていいぐらいの違和感を感じています。

 

それともう一つ、

 

今、初めてiPhoneに触っていると仮定してください。

この中にコンパス(方位磁石)アプリがあります、さてどれでしょう?

早押し問題です!

f:id:iganao:20141020230840p:plain

おそらく多くの人がSafariを選んでしまうのではないでしょうか?

 

 これも、しっくりこないことの一つです。

 

でも、これだけです。違和感あるのは。

それはそれで逆にすごい。

 

Androidについて同じように語らせたらそれはそれはもう(略